ア歯科 江崎診療所のブログ

世田谷区桜新町にある歯科医院です。 予防歯科・お子さまの予防矯正に力を入れています。
噛み合わせ、舌癖、MFTトレーニングなどのご相談も受付しています。
お問合せ・ご予約は℡03-3426-5336まで!

ただいま歯科衛生士さん募集中!

いま、あなたの口の中で、舌はどのような状態でしょうか。




上の歯に触れていますか?

下の歯に触れていますか?

上の歯と下の歯の間にありますか?




これらはいずれも『舌が正しい位置にある』とは言えません。


今日は、舌の正しい位置についてのお話です。





普段はあまり気にしないかもしれませんが、舌には正しい位置があり

いつも舌が正しい位置にあるかどうかで様々なところに変化が出てきたりします。



まずは、舌の正しい位置について。
舌の正常な位置 正しい位置 舌癖を直す


舌は根本から全体がペタッと上あごにくっついている状態にあるのが「正しい位置(正常な位置)にある」と言えます。


舌の先だけが上あごにくっついているだけではダメです


根本からグイっと舌全体がくっついていないといけません。



そして、舌の先端は、上の前歯から少し手前の「スポット」と呼ばれる場所が定位置です。


歯に触れていてはいけません。



そんな細かいこと・・・



と思われるかもしれませんが、舌が低い位置にある(=低舌位ていいぜつと言います)と、口呼吸を招き、口の中が乾燥して虫歯になりやすくなったり、

ウイルスや細菌を直接肺へ取り込んでしまうため、感染症にかかりやすくなったりします。

低位舌 直す

低位舌の人は、舌や口周りの筋力が弱いと考えられ、飲み込む時にうまく飲み込めずむせることが多かったりします。

また、舌で歯を触ったり、舌で歯を押し出す癖(舌癖ぜつへき)のある場合も、出っ歯になったり、歯と歯の間に不要なすき間ができたり、上下の嚙み合わせに影響が出てきたりしますので、良くありません。



舌の正しい位置を覚えて、常に意識するように心がけましょう!



初めは舌を持ち上げた状態でキープしていることは難しいかもしれません。


しかし、舌は筋肉ですので、意識的に上あごにペタッとくっつける練習をして鍛えれば、顔のたるみや、口角が下がるといった原因の対策にもつながります。




●舌の正しい位置がいまいちよく分からないという方は、


まず、舌を「タンッ」と鳴らしてみてください。


次は、「タンッ」と音を出す直前で止めてみてください。



どうですか?舌が上あごにくっついていませんか?


その状態からできるだけ根本から持ち上げて、上あごにペタッとくっつけます。


意識しなくても常に舌が上あごに貼り付いている状態になっているのが理想です。




舌の正しい位置を意識するということは、いますぐできる舌の筋トレ法でもあります!




舌癖についての記事


3月下旬、大阪へ。

総合歯科医療商社の株式会社モリタ大阪本社にて宇部の石田先生によるpdセミナーがあり、江崎先生も参加しました。

このセミナーでは、FDI(世界歯科連盟)の理事でいらっしゃるイルハン先生をお迎えしました。

イルハン先生はトルコNo.1の大学で教えておられる方です。

IMG_0229
イルハン先生にpdを体験していただきました。




pdとは・・・proprioceptive derivation

Dr.ビーチが推奨する人間工学に基づいた設計・診療のコンセプトです。

pdの実践で、精密な指のコントロールと視線が確保できます。

向き合っても身体的ストレスが少ない、作業が快適であるなどの利点により、診療チームは、より治療に専念することができます。




当院もpdシステムを採用しています。




このようなセミナー、交流を通じてpdの普及促進を大いに期待します。

IMG_0233
イルハン先生と講師の石田先生




Dr.ビーチについては、こちらの記事で詳しく書いています。
ぜひお読みください。

↑このページのトップヘ