ア歯科 江崎診療所のブログ

世田谷区桜新町にある歯科医院です。 予防歯科・お子さまの予防矯正に力を入れています。
噛み合わせ、舌癖、MFTトレーニングなどのご相談も受付しています。
お問合せ・ご予約は℡03-3426-5336まで!

ただいま歯科衛生士さん募集中!

タグ:歯医者選び


「舌癖」という言葉を知っていますか?

  舌癖とは


舌癖とは・・・

日常生活の中で、本を読んだり、テレビやスマホの画面を見たりしている時に、知らないうちにポカーンを口を開けていたり(ポカン口)、

食べ物・飲み物を飲み込む時に、舌を突き出して歯を押すような動きをする癖のことです。


癖なので、無意識におこなっていて自分では気づいていないことが多いでしょう。




この舌癖は、舌や唇や頬など、お口周りの筋肉が弱いことでも引き起こされています。


筋肉が弱いと口を閉じている力が無く、常に口を開けているポカン口になり、口呼吸をするようになります。


【口呼吸が良くない理由】↓↓

●口の中が乾燥して食べ物が残りやすくなるため、虫歯が出来やすくなります。

●鼻呼吸なら鼻で空気の温度調節ができて、ホコリも取れてそれが鼻クソになるわけですが、
口呼吸だとダイレクトに肺へ空気が入り込み、風邪をひいたり、気管支喘息になったり、免疫疾患を誘発します。

●口呼吸では呼吸が浅くなり、姿勢が前傾になることがあります。


【舌で歯を押す癖が良くない理由】↓↓

●そういった癖があれば、歯には内側から外側へ力が常に(頻繁に)加わることになり、前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に不要なすき間ができたり、上下の歯が噛み合わなくなったりしてきます。



歯並びへの影響を考えれば、舌癖は早めに治したほうが良いと考えます。




舌癖を治すには、正しい舌の位置を覚え、お口周りの筋肉を鍛えたり、正しい飲み込み方ができるようトレーニングをする必要があります。


それがMFT(口腔筋機能療法)です。

しかし、これについてはまた別にお話します。



トレーニング開始の前に、舌癖の原因を考えてみましょう。子供の舌癖の原因を考える

【舌癖の原因は?】↓↓

1.鼻の病気(アレルギー性鼻炎・花粉症・慢性鼻炎・蓄膿症)、のどの病気(扁桃腺肥大・アデノイド)による口呼吸、または習慣性の口呼吸

2.3才以降の指しゃぶり
(前歯に隙間ができ、舌が出やすくなります)

3.舌の裏の”ひも”(舌小帯)が短い(舌小帯が短いため舌が上あごにつきにくい)
舌のひもが短い
舌小帯とはこの部分のことです↑

舌小帯が短いと、下の写真のように、舌を出したときに、先端がハート型になります。

ハート型の舌 舌小帯が短い
舌が常に低位にあるので、通常の飲み込みができなかったり、活舌に問題が起きることも。




まずは、このような舌癖の原因を探り、どのようにして舌癖を治していけば良いか一緒に考えていきましょう。

ご相談受付中です。ご連絡ください。


世田谷区の歯科医院
ア歯科江崎診療所
03-3426-5336
東急田園都市線 桜新町駅1分 





ア歯科とは?
「ア歯科」という歯医者の名前を初めて聞いた方もいるかもしれません。


ア歯科とは、患者さんにとって優しく、また診療チーム(歯科医師やスタッフ)が質の高い治療を提供できるように設計された設備を備えた歯科医院のことです。


これを提唱したのは、戦後、横須賀海軍病院に赴任して以来、日本を活動の拠点として生涯を過ごされたDr.ダリル・ビーチです。

今ではどこの歯科医院でも、患者が診療台に寝て、歯科医師が座って治療するスタイルは、当たり前になっていますね。


このスタイルを戦後の日本で広めるために尽力されたのが、Dr.ビーチなのです。





それまでの日本の歯科医院では、患者が座って口を開け、歯科医師は立って診療していました。

そのため、中腰になったり、ななめの位置から患者の口の中をのぞき込んだり、歯科医師は常につらい体勢で診療しており、腰や肩を痛めることも多かったでしょう。

この様子を見たDr.ビーチは驚き、これではいけないと、歯科医師の身体に負担がかからず、治療に専念できる新しい治療スタイルを考案しました。




それが『水平診療台』です。

sinnryou_image

極めて精密な作業が要求されるドクターとアシスタント。

水平診療台による治療は、診療チームにとって自然な体勢で治療に専念できる優しいスタイルです。


加えて、人間は眠っているときが最もリラックスしていると言われるように、治療を受ける患者側にとっても、水平診療台に横たわり最もリラックスした体勢で治療に臨んでいただくことができるのです。



当院では、精密な指のコントロールと視線が確保できる「pd」と呼ばれるシステムを採用しています。

pdとは・・・proprioceptive derivation

Dr.ビーチが推奨する人間工学に基づいた設計・診療のコンセプトです。

pdの実践で、向き合っても身体的ストレスが少ない、作業が快適である、などの利点により、診療チームは、より治療に専念することができます。

診療台
上の写真は、当院の診療ユニットです。


アシスタントが座るイスは、ドクターより20cm高くなっていて、ドクターの手元がよく見えます。

イスは固定されていますが回転しますし、手を伸ばせば必要な器具に手が届く仕組みになっていて、動き回る必要もないのでラクチンです。



そして、診療台やイス、カウンセリングルームのテーブルなどは丸みを帯びた設計で、周りの棚や家具は造り付けにするなど、

小さなお子さまも、目の不自由な方も、安全に歩けるような形状、レイアウトになっています。


また、院内は広くて明るく、木目調の自然な木のぬくもりを感じられる温かな雰囲気を演出しており、患者様が安心して治療に来ていただける空間です


このようなDr.ビーチのコンセプトを実践しているのが「ア歯科」です。




そもそも、なぜ「ア」なのかというと、


「ア」は、最もラクに発音できる音であり、当時は日常的に使われていた電話帳のあいうえお順では、カタカナの「ア」が先頭に記載されるため、患者さんが見つけやすいという理由です。

いかがですか?
ア歯科のこと、少しお分かりいただけたでしょうか。





↑このページのトップヘ